お知らせ《重要》

経営事項審査の審査基準の改正内容

  1. 技術者に必要な雇用期間の明確化
    技術者の名義借り等の不正を防止するため、評価対象技術者を「審査基準日以前に6ヶ月を超える恒常的雇用関係のある者」に限定する。
  2. 完成工事高の評点テーブルの上方修正
    平均点が低下している完工高(X1点)及び元請完工高(Z2点)について、平均点が700点となるよう評点テーブルを補正する。
  3. 再生企業に対する減点措置
    再生企業(民事再生企業及び会社更生企業)について、社会性等(W点)の減点措置を創設する。
    ○再生期間中(手続開始決定日から手続終結決定日まで)は、マイナス 60点(「営業年数」評価の最高点)の減点
    ○再生期間終了後は、「営業年数」評価はゼロ年から再スタート
     ※平成23年4月1日以降に手続開始の申立てを行う企業から適用する。
  4. 社会性(W点)の評価項目の追加
    ①建設機械の保有状況
     地域防災への備えの観点から、災害時に使用される代表的な建設機械(ショベル系掘削機、ブルドーザー及びトラクターショベル)につい て、所有台数に応じて加点評価(一台につき1点、最高15点) なお、経審の有効期間(1年7ヶ月)中の使用期間が定められている。リースについても、同様に取り扱う。
    ②ISOの取得状況
    ISO9001及びISO14001の取得状況について、経審の評価項目に追加する。 (片方で、5点、両方で10点)